「保育の充実」と「行事の充実」のバランスはどう考えていけばよいのでしょうか?
机で悩む保育士

そんな保育士の人間関係のお悩み相談にお答えします。

保育士歴こっそり18年(秘密)保育士歴こっそり18年(秘密)

このページの内容は

  • 保育を変えたいけれど協力してもらえないときの対応

この記事を書いている私は保育士になってから18年……(20年じゃない!18年ね)

いろいろな悩みも、転職(転園)も、そして出産による育休も経験してきました。

今の私から新人だった頃の私にアドバイスするつもりでお答えします。

また、一人ひとり環境が違いますから、保育士さんの悩み相談の答えも解決方法も1つとは限りません。

ですから、1年目、2年目の新人保育士さんの人間関係の悩みや保護者への対応の悩みについて、いろんな保育士に解決方法を聞いて紹介していきます。

あなたが一番ビビッとくる悩み解決方法を選んでみましょう。

自分自身の保育を充実させて周りを納得させる力を!

結局、主任や園長の考えが変わらない限り、ずっと同じカリキュラムが続くのでしょう。

保育園の人気もかかっているので、目に見える形を重視した保育方針になってしまうのだと思います。

変えていくには、自分のクラスの子が生き生きとして日々の保育内容に満足していることを示し、ほかの保育士たちにも、N先生の方針を納得させることが大切です。

保育を変えていきたいけれど周囲が受け入れてくれない……。

保育士 2年目・N先生のお悩み相談

運動会、発表会、製作展……と、特に秋になると行事がめじろ押しになるのが私の保育園です。

行事に追われて、じっくり子どもと関われていないようで、すごく気がかりです。
ふだんの保育にも余裕がなく、行事のための保育になっているような気がします。
もっと子どもたちをのびのびさせてあげたいのに、園長は
「毎年のことだし、仕方がない」
と、取り合ってくれません。
私以外の保育士は、ほとんどがベテラン先生で、特に現状に不満はないようです。
私はもっと「子どものために」ということを考え、今の保育を変えていきたいのに……。
どうしたらいいのでしょうか。

机で悩む保育士

少しずつ変えていく方法を考えてみて

急に大きく変えるのはたいへんです。

少しずつ変えていく方法を考えましょう。

行事はそのままに、内容に余裕を持たせる提案をするなど、小さなことから変えていけば、周りのベテラン先生のプライド(?)も傷つかないのでは?

あなたからは「周りの先生に不満はないようだ」と見えたとしても、実はめんどうで変えないだけなのかもしれませんよ。

信念を持っていれば必ず周りに伝わります

今の私と同じ立場ですよ。

分かります、その気持ち。

私はずっと「自分のクラスだけでも、子どものために楽しいことを」と考えて保育をしてきましたが、それを見て、ほかの先生がたも私の意見を聞き入れてくれるようになりました。

信念を持って保育をすれば、保護者やほかの保育士の先生がたにも伝わっていきますよ。

行事の見直しを検討したことがありますが……

うちの保育園では、「行事のための保育」をしていたものについて、職員全体で話し合いました。

そして、子どもに負担をかけすぎていたものは廃止したり、保育形態を変えて行うことで、保育の転換を図ったことがありました。

でも、何かを減らしたからといって保育に余裕が出るわけでもなく、ほかの取り組みに時間が費やされているのが現状です。

だから日々の保育の中で、できるだけ段取りよく進め、「追われる保育」を解消したり、ちょっとした時間をうまく利用して、心のゆとりを子どもたちと共有するように心がけています。

できる範囲で応用をきかせて楽しい保育の実践を

私も同じことで悩み、苦しみましたが、はっきり言ってしまえば現状を変えるのは難しいです。

大切なのは、そういった環境の中で流されず、自分の思いを持ち続けること。

急に「子どもと関わりたいので、明日から発表会の練習はやめにします」ということは無理ですよね。

でも、「今日は練習を外でやってみよう」だったら、気分も変わって、子どもたちともたくさん関われるのではないでしょうか。

応用をきかせて、N先生らしく、できる限りの楽しい保育をしてください。

「子どもも自分が楽しんでこその保育」だと、私は思います。

ベテラン先生を味方にして

のびのびといってもいろいろだと思いますが、行事を楽しみながらできるように、4月の段階で計画を立てることはできると思います。

無理なく行事が行えるように、事前の取り組みかたを考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、ひとりで保育園のみんなを動かすのは難しいこと。

ベテラン先生の中に味方を見つけられませんか?

ほかの保育園の行事を見にいったり、本を読んだりしながら改革仲間を増やし、少しでも子どもにとってよい方向へ変える努力をしてみてください。

保護者の方の意見を聞いてみては?

保護者はどう考えているのでしょうか。

私の保育園も、職員だけではなかなか変えられないことが、保護者の意見が多ければ、少しずつ変えていくことができました。

一度、保護者に尋ねてみてはいかがでしょう?

まとめ

カリキュラムを変えるためは、自分のクラスの子が生き生きとして日々の保育内容に満足していることを示すのが一番の近道です。

そして、ほかの保育士たちにN先生の方針を納得させることが大切です。

ベテランになれば言えることも、先輩をさしおいてまで発言するのは、なかなか難しいですよね。

でも、保育実践が充実していれば、「行事を減らしてもっとゆっくり子どもと触れ合ってあそびたい」という提案に、みんなが納得してくれると思います。

また、

「○○の行事があるから、この保育園を選んだのに○○の行事がなくなってしまうなんて……。」

という保護者の方はいないでしょうか?

「○○の行事はなくなっちゃったけれど、前よりも子どもが保育園が楽しくなったといっているから、結果的には良かった。」

と保護者の方に感じさせることができるでしょうか?

だからこそ、行事を減らせば、そのまま保育の充実に繋がるとあなた自身が証明する必要があるのです。